空き情報の活用方法などをご紹介します
2022.02.07

混雑状況を把握する仕組みを解説!今後の生活に欠かせない便利な機能

複数の歯車のイラスト

公官庁施設や病院、電車の混雑状況を確認するシステムが一般化し、私たちの生活もずいぶん便利になってきました。技術の進歩に伴い、待ち時間のストレスやトラブルを解消できる手段が登場しています。混雑状況を把握する仕組みやメリットなどをご紹介します。

 

混雑情報を把握し発信する仕組み

オフィス内の人影

以前は実際に自分の目で見て確かめることしかできなかった混雑状況が、技術の進歩により遠隔からでも確認できるシステムが登場しています。混雑状況の把握をし発信する方法は、ソリューションごとに異なります。

 

今回は、ネコの目🄬の受付発券機を例にご紹介します。混雑状況を把握し、情報を発信する流れは次のとおりです。

 

・受付発券機で番号札の発券

・待機者の管理

・混雑具合の分析

ネコの目.COMにて混雑情報発信

 

混雑情報プラットフォームであるネコの目.COMでは、カレンダー形式で視覚的に混雑状況を確認できます。

 

混雑情報はさまざまな面で活用されている

階段で並んでいる人々

混雑情報の発信は、すでに多くの現場で導入が進められています。病院や官公庁、レストランなどの店舗、電車など、人が集まる場所の混雑状況を知りたいというニーズが高まっているからです。

 

今回は、そんな混雑情報が効果的に活用されている4つのケースをご紹介します。サービスの質向上のために混雑情報の発信を検討している方にも参考になるはずです。

 

患者さん優先の病院体制づくり

混雑が発生しやすい場所として、病院を思い浮かべた方も少なくないはずです。

 

クリニックでは、どこかしら体調不良を抱えた状態で順番待ちをしなければなりません。そこで、ネコの目🄬の受付発券機を上手く活用すれば、患者さんに優しいサービス体制を作り上げることができます。

 

遠隔からでもスマホで混雑状況が確認できるため、病院に向かう前の待機人数の確認や受付番号の取得も可能です。混雑解消が難しい病院でも、混雑情報を応用してサービスの向上が図れます。

 

官公庁での混雑回避対策

役所などの官公庁施設でも、ネコの目🄬のシステムが活躍しています。時期や時間帯により混雑が発生しやすい現場では、的確に待機者の管理や呼び出し、混雑状況の発信が行われる必要があるでしょう。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で、早急な感染防止対策が求められている中で、混雑情報を上手く活用して密の回避に成功している事例もあります。

 

店舗の混雑状況のリアルタイム発信

飲食店など、店舗の混雑情報も消費者の行動パターンに大きな影響を与えています。特に私たちが普段身近に目にする混雑情報といえば、Googleの検索エンジンでお店を検索した時に表示される混雑情報が挙げられるでしょう。

 

Googleの混雑表示は、Googleロケーション履歴というユーザーのスマホ位置情報を使って算出されています。事前に混みあう時間を確認して、集合時間を決めたという経験がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

電車の乗り換えアプリ

技術の進歩によって、リアルタイムでの電車の混み具合まで簡単に把握ができるようになりました。鉄道会社が公式で出しているアプリは進化を続けており、現在の電車の混雑状況はもちろん、トイレの空室確認までできてしまいます。

 

鉄道会社によっては、車両ごとの込み具合まで発信している場合があり、今後も電車乗り換えアプリの進化に期待がかかります。

 

混雑状況を発信する4つのメリット

虫眼鏡

混雑情報が、私たちの生活に欠かせない情報となりつつあるのには、次にご紹介するような多くのメリットがあるからです。

 

・利用者のストレスを軽減させる

・感染症対策に効果を発揮する

・問い合わせやクレームが減る

・データの収集と分析が可能になる

 

各ポイントを詳しく確認しながら、いかに混雑情報の重要性が高まっているのかを知っておきましょう。

 

利用者のストレスを軽減させる

誰しも先の見えない長い待ち時間に嫌気がさした経験があるはずです。待つという行為により、人間はストレスを感じやすくなります。

 

混雑情報を上手く活用すれば、利用時間や利用日を改めるなど、利用者の立場で行動と選択の自由度が高まります。混雑状況をオンラインで発信することは、利用者の精神的負担を軽くする効果が期待できるでしょう。

 

感染症対策に効果を発揮する

感染症対策が強化されている現在では、できるだけ人混みを避けた行動が推奨されています。混雑の緩和が期待できるという点で、混雑状況の発信は感染症対策としても効果が発揮されるでしょう。

 

遠隔で待合状況が確認できれば、人々が1つの待合スペースで待つ必要もなくなります。今の時代の変化に合わせて、混雑情報の活用が求められています。

 

問い合わせやクレームが減る

インターネットや待合室の画面モニターで呼び出し番号や待機者の人数を発信すれば、利用者自身が自分で情報にアクセスできるようになります。待ち時間を尋ねるために職員に声をかける必要もなくなり、正しく状況把握と待機者の呼び出しができるため、いわれもないクレームは減らせるはずです。

 

混雑情報を上手く活用すれば、利用者と運営側の両方にメリットがあります。

 

データの収集と分析が可能になる

混雑情報を管理することは、施設や店舗を訪れる利用者のデータを管理することに他なりません。蓄積されたデータは、売上予測や在庫管理、マーケティング戦略の立案などさまざまな分野で活用できます。

 

経営戦略に質の高い情報が欠かせなくなっている現代では、混雑情報データをいかに上手く扱えるかが重要になってきています。

 

利用者自らが混雑状況を確認し選択する時代

ノートパソコンを使用する手元

さまざまなシーンで混雑情報が活用されている現代では、混雑情報が利用者に行動の選択肢を与えています。つまり、混雑具合を確認したうえで利用を検討したり、目的地を決めたり、時間を変えたりといった選択が可能になるのです。

 

利用者自らが情報にアクセスする場合には、分かりやすさが欠かせません。混雑情報システムに求められている要素をご紹介します。

 

分かりやすいデザインやシステムが必須

混雑情報の発信は、小さな子供からお年寄りまで多様な人々にとって、分かりやすくあるべきです。なぜなら、情報を受け取る側の利用者は、そのシステムに詳しいわけではないからです。

 

特別な知識が無くても、操作が簡単に行えるデザインやシステム構造が求められます。その点、ネコの目🄬はサイト自体がシンプルな作りで、一目で必要な情報がキャッチできます。

 

混雑状況の発信を検討している場合は、ユーザー側から見たシステムの使いやすさも忘れずに確認するようにしましょう。

 

混雑状況の仕組みやメリットを知って導入を検討しよう

スマートフォンを指さす

混雑状況に関する情報は、私たちの生活のさまざまな場面で欠かせないものになりつつあります。施設や公共交通機関の利用者が、事前に遠隔で混雑情報を確認することで、これから取る行動の選択の幅が広がります。

 

混雑情報を発信することは、利用者の利便性を高めるだけでなく、施設で働く職員の負担を軽減する効果も期待できるでしょう。混雑情報プラットフォームと連携した受付発券機の導入で、利用者に優しいサービスを実現すると共に蓄積したデータをマーケティング戦略に利用することも可能です。

 

混雑情報の発信にまだ取り組めていない場合は、感染症対策としても注目度が高まっているこのタイミングで検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事
役所での窓口対応の現状とより良い対応をするための改善策を提案
マイナンバーの発行が混雑を呼ぶ理由を解説!コロナ禍で重要性が高まる
混雑状況を表示するメリットとシステム化に取り組むべき業界を解説
発券機システムのメリットは混雑回避だけじゃない!仕組みや機能解説
混雑状況を表示すれば利用者のストレスを減らせる!仕組みとメリット
混雑情報システムと連動できる発券機メーカーを紹介!メリットや注意点は?
順番待ちの時間を長いと感じる心理とは?3つの原因を徹底解説
順番待ちシステム導入のメリットを徹底解説!実際の成功事例もご紹介

© 2022 発券機で順番整理。ネコの目。