空き情報の活用方法などをご紹介します
2022.02.05

混雑回避ソリューションでできること!必要性についても解説

上から見た人ごみ

混雑回避ソリューションを導入することで、利用者の待ち時間を削減できるだけでなく、近隣施設へ迷惑をかけにくくなります。ソリューション導入により何が可能になるのか、また、どのような場面で求められるのかについて詳しく見ていきましょう。

 

2つの種類の混雑回避ソリューション

水族館

 

新型コロナウイルス感染症の流行により、出掛ける先が混雑していないか気にするユーザーも増えてきました。施設運営側は混雑回避ソリューションを導入し、よりユーザーが訪れやすい施設にすることが必要です。特にテーマパークや水族館、飲食店、ショッピング施設などの混雑が予想される施設では、混雑回避ソリューションが求められています。

 

混雑回避ソリューションは、混雑状況を判断する方法によって次の2つに分類することが可能です。

 

・待ち人数から混雑を判断する方法

・入場者の人数から混雑を判断する方法

 

それぞれの違いについて、詳しく見ていきましょう。

 

待ち人数から混雑を判断する方法

 

入場待ち、順番待ちをするユーザーの数から、混雑を判断することができます。例えば、店舗前や待合室などに発券機を設置し、順番を待つ人が番号札を発券できるようにしておけば、待ち人数が簡単にわかり、混雑しているのか判断しやすくなるでしょう。

 

混雑回避ソリューションの設定を調整することで、混雑の目安を施設ごとに変えることもできます。例えば、医療機関で精算を待つ場合であれば、一人ひとりにかかる時間は短いので、待ち人数が10人ほどでも大混雑とはいえないでしょう。しかし、一人ひとりの対応に時間がかかる官公庁の相談窓口であれば、待ち人数が5人ほどでも混雑していると判断できるかもしれません。

 

入場者の人数から混雑を判断する方法

 

順番待ちをしない施設であれば、入場者と出場者の人数から混雑を判断することができます。例えばデパートの出入り口に入場者数と出場者数をカウントするセンサーを取り付ければ、リアルタイムにデパート内にいる人数をカウントできるでしょう。

 

施設内にいる人数が1,000人以上であれば混雑、1,500人以上であれば大混雑というように基準を設定していくことで、混雑状況を判断できます。もちろん、待ち人数から混雑状況を判断する方法と同様、混雑の基準は施設ごとに調整可能です。

 

混雑回避が必要な理由

混雑している参道

 

ユーザーによっては、施設が混雑しているという理由で利用を止めてしまうことがあります。しかし、混雑回避ソリューションを導入すれば、混雑状況になりにくくなり、見込み客の取りこぼしを減らすことができるでしょう。

 

混雑回避が必要な理由は、取りこぼしを減らし、業務効率の向上を実現することだけではありません。そのほかにも次の3つの理由が挙げられるでしょう。

 

・密状態を回避するため

・ユーザーの時間を有効活用するため

・近隣施設に迷惑をかけないため

 

それぞれの理由について詳しく解説します。

 

密状態を回避するため

 

混雑を回避すれば、施設内が密状態になることも回避できます。密状態になると感染症に罹患する可能性が高くなるとされているので、混雑回避がユーザーの健康を守ることにもなるでしょう。

 

また、密状態になるほどユーザーが多く訪れると、スタッフの業務が増えて心身に負担をかけることにもなりかねません。過重労働になることで、ミスが生まれ、トラブルに発展することもあります。

 

ユーザーの時間を有効活用するため

 

施設などが混雑すると、ユーザーはサービスを受けるために長時間待たされることになります。スタッフに問い合わせようとしても、スタッフも対応する業務が多くなるため、ユーザー一人ひとりに十分な時間をかけられないかもしれません。

 

混雑を回避することで待ち時間が減り、ユーザーは時間を有効活用できるようになります。よりユーザーファーストの施設にするためにも、混雑回避ソリューションは必要といえるでしょう。

 

近隣施設に迷惑をかけないため

 

混雑のためユーザーが施設前に行列を作るようになると、近隣施設に迷惑をかけてしまう恐れがあります。近隣施設の入り口をふさいでしまったり、待っているユーザーが騒いで騒音被害を与えたりするかもしれません。

 

混雑回避ソリューションを導入することで、近隣と良好な関係を保ちやすくなります。地域に愛される施設として発展するためにも、混雑回避ソリューションは必要といえるでしょう。

 

混雑回避ソリューションの導入により得られるメリット

外から見たカフェ

 

混雑回避ソリューションを導入することで得られるメリットとしては、次の5点が挙げられます。

 

・感染予防に繋がる

・ユーザーを増やせる

・ユーザー数を標準化できる

・問い合わせ減による業務効率の向上

・周辺施設の活性化

 

それぞれ具体的にどのようなメリットなのか、また、どのような施設に特に有効なのかについて詳しく見ていきましょう。

 

感染予防に繋がる

 

混雑回避ソリューションにより密状態を回避すれば、感染予防にも繋がるでしょう。

 

新型コロナウイルスやインフルエンザなど、健康を損なう感染症は少なくありません。少しでもユーザーが感染するリスクを減らすためにも、混雑状態を回避するシステムは必要といえるでしょう。また、スタッフが安心して働ける職場にするためにも、混雑回避により感染予防をすることは必要です。

 

ユーザーを増やせる

 

混雑回避ソリューションにより徐々に混雑状態が改善され、混雑しにくい施設になれば、ユーザーを待たせることが減ります。ユーザーも「あの施設は待ち時間が少ない。行きやすい」と判断するようになり、利用機会の増加、利用者数の増加が見込めるでしょう。

 

ユーザー数を標準化できる

 

混雑回避ソリューションを導入し、ユーザーに混雑状況をリアルタイムで知らせるようにすれば、ユーザーは混雑していない施設を選んで出掛けるようになります。

 

複数店舗を運営している事業者であれば、各店舗の混雑情報を提供することで、特定の店舗がいつも混む、あるいはいつも空いているといった状況を回避できるでしょう。ユーザー数を標準化でき、より効率の良い運営ができるようになります。

 

問い合わせ減による業務効率の向上

 

待ち時間を作りたくないユーザーは、施設利用前に混雑状況を問い合わせることがあります。あまりにも問い合わせの電話が多いと、スタッフの業務を阻害するようになるかもしれません。

 

混雑回避ソリューションで混雑情報を施設側から発信すれば、ユーザーは問い合わせる必要がなくなります。それに伴い、スタッフの業務効率の向上も期待できるでしょう。

 

周辺施設の活性化

 

混雑状態を放置すると、近隣施設に迷惑をかけることになります。しかし、混雑回避ソリューションを導入し、混雑情報を適切に提供すれば、ユーザーは待ち時間を有効活用できるようになるでしょう。

 

ネコの目®では待ち時間を視覚化するだけでなく、近隣施設の混雑状況なども提供しています。ユーザーは待ち時間に近隣施設を利用するようになるので、地域活性化にも繋がるでしょう。

 

まとめ

上から見た駐車場

 

混雑回避ソリューションを導入することで、密状態を避け、よりユーザーファーストの施設にステップアップできます。密状態を避けることはスタッフの健康にも必要なことなので、どの施設にも求められている要素です。

 

また、混雑を回避することでユーザーが時間を有効活用できるようになり、近隣施設の活性化も期待できます。多方面にメリットのある混雑回避ソリューションは、今後もより一層必要とされるシステムといえるでしょう。

© 2022 発券機で順番整理。ネコの目。