空き情報の活用方法などをご紹介します
2022.02.04

進化を続けている混雑状況検知カメラ!密を回避するアイディア

複数のアイコンを指さす

混雑状況を検知できるカメラは、年々精度を高めており施設や店舗の混雑回避にも活用されています。今注目の集まっている混雑状況検知カメラを使えば、利用者のストレスを軽減し業務の効率もアップ可能です。導入を検討すべき理由や可視化の仕組みをご紹介します。

 

混雑状況検知カメラの仕組み

複数の紫のブロック

ネコの目🄬カメラタイプを例に、混雑状況検知カメラの仕組みをご紹介します。入退場と滞留の2パターンで施設の混雑状況を割り出します。

 

入退場のカウントは、トレーニングジムやイベント会場に導入されることが多いタイプです。人数カウントカメラで撮影した画像を元に、人の入退場を自動検知します。

 

一方、滞留者のカウントが用いられるのは待合室や待機列などです。設置されたネットワークカメラの画像解析を通して何人がその場に留まっているのかをカウントします。

 

利用者は混雑状況をスマホで簡単に確認できるため、混雑発生を防ぐ効果も期待できます。

 

状況に応じたメッセージも配信可能

ネコの目🄬であれば、混雑状況の発信のみならず、その時に応じたメッセージを利用者に届けることができます。

 

利用者が集中してしまっている時には、少し時間を置いての訪問をメッセージで呼びかけることもできるでしょう。混雑を避けたいと考えている利用者には、満足度が高いサービスを提供できます。

 

例えばトレーニングジムなどでは、プールやメインのトレーニングルームなど、設備ごとの混雑状況のお知らせも可能です。遠隔で混雑情報が確認できれば、利用者はその日のトレーニング計画を立てやすくなるはずです。

 

混雑情報を検知する4つの方法

上から見た人ごみ

近年多くの施設に導入が進んでいる混雑状況検知システムが、どのような仕組みで混雑を検知しているのかをご紹介します。混雑を検知するには、主に次の4つの方法があります。

 

・入退室ログ

・AIカメラ

・ステレオカメラ

・ビーコン

 

混雑検知システム導入や混雑状況の把握を検討している場合は、その仕組みを知ることが大切です。各方法を詳しくご紹介します。

 

入退室ログ

入退室ログは、入退室管理システムのデータを活用して現在の混雑状況を割り出します。施設内の人数制限が設定されている場合や、ワークスペースなど施設の利用状況を把握したい場合にも有効な手段です。

 

入退室ログは、誰がどのエリアに滞在していたかが分かるため、何かトラブルが起きた際の状況把握にも役立つのがメリットです。

 

AIカメラ

AIカメラで混雑状況を把握する仕組みは、ネットワークカメラで撮影した映像を元に、滞在人数及び混雑状況をAIが分析します。撮影中の映像を使ってリアルタイムで解析を行い、人の出現回数をデータ化します。

 

指定した範囲内の滞在人数を把握するのに適しているため、イベント会場などの混雑状況把握に適しているでしょう。

 

ステレオカメラ

天井に設置されたステレオカメラで、カメラの下に仮想的に設定されたカウントラインを通過した人数をカウントします。通行人数の計測は、人間の頭と肩を認識し足の動きを追跡して行います。

 

人を認識して計測を行う形式で、高い精度を持っているのが特徴です。カウントされた人数のデータは、クラウドに蓄積されるため、ブラウザから確認することも可能です。

 

ビーコン

ビーコンとは、1秒の内に数回Bluetooth Low Energyの信号を発信する端末です。ビーコンが発する電波をレシーバーが受信することで、人やものの位置を特定します。

 

ビーコンは小型で軽量なものが多く、取り付けも手軽にできるのがメリットです。店舗での集客やプロモーションイベントにも多く用いられる混雑測定方法です。

 

混雑状況検知カメラを使うべき4つの理由

壁に取り付けられたカメラ

ここまで、混雑状況を計測する方法をいくつかご紹介してきました。中でも混雑状況検知カメラを利用することには、次の4つのメリットがあります。

 

利用者の利便性を高められる

・密を回避できる

・データを活用できる

・サービスの質を上げられる

 

混雑検知カメラの導入を検討している方のために、システムを使うことで得られる利点をご紹介します。

 

利用者の利便性を高められる

今から向かう施設がどれほど混雑していて、どれくらい待機をしなければいけないのかが分からない状況は、利用者にストレスを与えてしまう可能性があります。混雑状況をカメラで検知し、インターネットで情報発信することで、利用者は訪問時間を調整することもできます。

 

時間を有効活用できるようになるという点で、混雑検知カメラは利用者の利便性をグッと高めるツールになるはずです。

 

密を回避できる

感染症対策が強化されている中で、人混みを避ける行動パターンが求められるようになっています。混雑検知カメラを活用すれば、現在の混雑状況を配信することで、これから訪れようとしている利用者に訪問の時間をずらしてもらうこともできるでしょう。

 

密を回避したいという施設と利用者のニーズが一致している近年では、混雑検知カメラの需要も高まっています。

 

データを活用できる

収集した混雑状況データは、さまざまな面で活用が可能です。例えば混雑が発生しやすい時間帯のデータを元に、職員の勤務体制を調整したり、反対に比較的余裕のある時間帯での利用を呼びかけたりといった対策が取れます。

 

日々の業務改善のみならず、混雑情報はマーケティングや経営戦略を立てる際にも役立ちます。利用価値の高いデータを、混雑検知カメラの利用で集めることができるようになるのです。

 

サービスの質を上げられる

混雑検知カメラの導入で、混雑の緩和に成功すれば1人1人の利用者に対応できる時間的余裕が持てるのも大きなメリットです。利用者にとっても、混雑によるストレスも軽減し、職員が丁寧に対応してくれるようになれば、サービスに対する満足度は大きく向上するでしょう。

 

利用者が自分のスマホで混雑状況に簡単にアクセスできるようになるためには、混雑情報をインターネットで発信する必要があります。

 

ネコの目.COMは、必要な情報だけがシンプルに記載されているため、利用者が作用方法に迷う心配もありません。サービスの質を上げるためには、導入する混雑情報発信システムの使いやすさ、見やすさにも注目するとよいでしょう。

 

混雑状況検知カメラを導入して利用しやすい施設作り

誰もいない施設内

混雑情報検知カメラは、すでに多くの施設やイベントで導入されている注目のアイテムです。カメラで混雑状況を把握する仕組みは、ソリューションによっても異なります。

 

ネコの目🄬の場合は、導入する施設のタイプに応じて入退室カウントと滞留人数カウントという2つの仕組みで混雑を検知します。カメラで把握した混雑状況は、インターネットで利用者に情報発信をすることで、より大きなメリットを得られるでしょう。

 

利用者の利便性を高めサービスの質を上げるだけではなく、カメラを設置した施設側も収集したデータを更なる業務改善やマーケティングに活かすことが可能です。感染症対策や寒い時期の季節性インフルエンザ予防としても、混雑検知カメラの設置と混雑情報の発信が効果的です。

 

混雑状況検知カメラの検討をしている場合は、混雑具合を測定する方法や利用者への情報発信方法も合わせて確認してみましょう。ちなみに、お持ちのカメラがネコの目🄬対応のタイプであれば、そのまま利用して混雑情報プラットフォームと連携することができます。

 

気になった方は一度お問い合わせお待ちしております。

 

© 2022 発券機で順番整理。ネコの目。