空き情報の活用方法などをご紹介します
2022.02.28

トレーニングルームの混雑は可視化システムで改善!活用法を解説

トレーニング中の男女

トレーニングルームの混雑を回避するために、可視化システムを導入することができます。なぜシステム導入で混雑回避を実現できるのか、また、混雑を回避することによるメリットについても見ていきましょう。

トレーニングルームが混雑する理由

トレーニングマシン

公営・民営に関わらず、トレーニングルームやスポーツクラブは混雑することが少なくありません。土日や祝日などに「日頃の運動不足を解消したい」と思っても、混雑していてあまりゆっくりと利用できなかったり、施設利用自体を断られたりすることもあるでしょう。

 

トレーニングルームが混雑しやすいのは、それ相応の理由があります。主な理由としては、次の3つが挙げられるでしょう。

 

・トレーニングしたい日時が重なるから
・天保の影響を受けるから
・利用時間がある程度かかるから

 

それぞれの理由について、詳しく解説します。

トレーニングしたい日時が重なるから

「トレーニングをしたい」と考える日時は、他のユーザーにとってもトレーニングをしたいタイミングのことが多いです。例えば土日や祝日、夜間、昼休みなどは、多くのユーザーにとって勤務時間外となり、トレーニングできる時間でもあります。

 

そのため、かなり早い時点から予約をしておかないと、土日や夜間のトレーニングは難しいかもしれません。また、予約を受け付けていないトレーニングルームであれば、待ち時間が長くなることを想定して出かける必要が生じます。

天候の影響を受けるから

雨の日は屋外での活動が制限されるので、屋内にあるトレーニングルームの利用者が増えることがあります。普段の土日であれば混み合うことがないトレーニングルームでも、雨や雪の日、暑すぎる日や寒すぎる日などの屋外活動が向かない日には混み合うことがあるでしょう。

 

天候は誰にとっても同じなので、利用時間が重なる原因になります。また、前もって正確に天候を把握することが難しいことも、混雑を招く理由の一つになるでしょう。

利用時間がある程度かかるから

トレーニングルームは、利用時間がある程度かかる施設です。受け付けをして、ロッカールームでトレーニングウェアに着替え、トレーニングをして、シャワーを浴びて、また着替えるとなれば、少なくとも30分、長いと1〜2時間は施設に滞在することになるでしょう。

いつも以上に長時間のトレーニングを行うときや、メイクやヘアセットに時間がかかるときなどは、さらに滞在時間が長引くかもしれません。

 

そのため、待ち人数が数人であっても、数十分以上待つという状況になることもあります。

トレーニングルームの混雑を可視化システムで回避する仕組みとは?

ノートパソコンとスマホ

混雑しがちなトレーニングルームも、混雑状況を可視化するシステムを導入することで混雑回避、緩和を実現することができます。可視化システムでできることは主に次の3つです。

 

・混雑状況をリアルタイムで伝える
・一定期間の混雑予想を伝える
・近隣施設の情報を紹介する

 

それぞれがどのように混雑回避に繋がるのか、また、実現することでどのようなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

混雑状況をリアルタイムで伝える

混雑状況を可視化するシステムを導入すると、ユーザーはスマホアプリやホームページなどにアクセスするだけで現在の混雑状況を理解できるようになります。

 

例えば、待ち人数やロッカーの混み具合などがリアルタイムでわかるので、今行こうかと考えている方に役立つでしょう。ユーザーに可視化システムを利用できることを周知しておけば、店舗前で待たせることも減り、より利用しやすいトレーニングルームへと成長することもできます。

一定期間の混雑予想を伝える

可視化システムの中には、リアルタイムの混雑状況だけでなく、今までのデータから分析した混雑予想を伝えられるものもあります。時間ごとの混雑予想を提示するシステムであれば、ユーザーがトレーニングルームを利用する日時を決める際に、参考にすることができるでしょう。また、混雑が予想される日時を紹介することで、ユーザーの来店日時を分散できる点もメリットです。

近隣施設の情報を紹介する

対象施設の混雑状況だけでなく、近隣施設の情報もリアルタイムに紹介することができます。ユーザーは目的の施設が混雑していても、近隣の他施設を利用できるようになるので、時間を無駄にせずに過ごせるようになるでしょう。また、チェーン展開しているトレーニングルームであれば、他店舗の混雑状況を紹介することで、ユーザーを逃さず確保できるようになります。

トレーニングルームの混雑を回避するメリット

電話

混雑状況を可視化するシステムを導入することで、トレーニングルームの混雑を回避できるようになります。混雑を回避すると次のようなメリットが得られるでしょう。

 

・待ち時間がなくなり利用者のストレスが軽減される
・利用者からの問い合わせを減らせる
・密状態の回避でコロナ対策にもなる

 

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

待ち時間がなくなり利用者のストレスが軽減される

ユーザーはトレーニングルームの利用に待たされることが減るので、待ち時間のストレスも軽減します。トレーニングルームを気軽に利用しようというモチベーションにも繋がり、健康増進効果も得られるかもしれません。また、空いている日時を選んでトレーニングルームに出かけられるようになるため、時間を無駄なく活用できるようにもなるでしょう。

 

待ち時間を近隣施設で過ごして地域活性化に

混雑状況の可視化システムでは、トレーニングルームの混雑状況だけでなく、近隣施設の混雑状況や利用案内、イベントなどの情報も紹介できることがあります。目的のトレーニングルームが混雑しているときは、待ち時間を近隣施設で過ごすユーザーを増やすこともできるでしょう。近隣施設の利用客増加や売上向上も期待でき、地域活性化に繋がります。

利用者からの問い合わせを減らせる

混雑状況に関する情報をスマホアプリやホームページで公開していない場合、ユーザーは利用前に直接トレーニングルームに電話をかけ、混雑しているのかどうか問い合わせる可能性があります。問い合わせが多いとスタッフの仕事がさらに忙しくなり、他の業務に支障が出るかもしれません。

 

しかし、混雑情報をインターネットで公開していれば、ユーザーからの問い合わせを減らすことができます。スタッフも各自の業務に専念できるようになり、より働きやすい職場環境にすることもできるでしょう。

密状態の回避でコロナ対策にもなる

混雑しない日時を選んでトレーニングルームを利用するようになるので、密状態を回避し、コロナ対策にもなるでしょう。また、ユーザーを店舗前で待たせるケースも減らせれば、店舗前に密状態を作ることも回避できます。コロナ禍でも利用しやすいトレーニングルームにするためにも、混雑状況を可視化し、ユーザーにオンラインで知らせるシステムを構築することは必要なことといえるでしょう。

まとめ

筋トレ中の男性

混雑状況を可視化できるシステムを導入すれば、トレーニングルームの混雑を回避し、よりユーザーファーストの施設にすることができます。待ち時間が減ることで、ユーザーはストレスをあまり感じずに利用できるようになるかもしれません。

 

また、トレーニングルームの混雑状況だけでなく、周辺施設の情報も合わせて提供することで、ユーザーが待ち時間を有効活用できるだけでなく、周辺施設の活性化も期待できます。ぜひ混雑状況可視化システムの導入を検討してみましょう。

© 2022 発券機で順番整理。ネコの目。