待ち時間の見える化でストレス軽減:発券機の心理的効果とその実例 - ネコの目
空き情報の活用方法などをご紹介!
コラム
ホームコラム待ち時間の見える化でストレス軽減:発券機の心理的効果とその実例

待ち時間の見える化でストレス軽減:発券機の心理的効果とその実例

2024.07.03

発券機の導入で待ち時間の見える化を実現

待ち時間の短縮は、顧客満足度を向上させるための重要な課題です。物理的な待ち時間を削減する方法(担当者を増やす。対応時間を短くするなど)もありますが、最近では発券機を活用して待ち時間を見える化することで、心理的な負担を軽減する方法が注目されています。発券機を導入することで、顧客は自分の順番までの待ち時間を把握でき、待ち時間を有効に活用できるようになります。

具体的には、発券機が提供するシステムは、顧客に対してリアルタイムで現在の待ち人数や予測待ち時間を表示します。これにより、顧客は自分の番が来るまでの時間を他の活動に充てることができます。例えば、外出して時間を有効に使ったり、リラックスして待つことが可能になります。

発券機のシステムは、インターネットに接続されている場合、顧客はスマートフォンからでも現在の待ち状況を確認することができます。さらに、LINEやメールでの通知機能を利用すれば、自分の順番が近づいた際に自動的に通知を受け取ることも可能です。これにより、待合室で無駄に時間を過ごす必要がなくなり、顧客はより自由な時間の使い方ができるようになります。

発券機の導入は、単に待ち時間を見える化するだけでなく、業務効率の向上にも寄与します。従業員は、顧客からの待ち時間に関する問い合わせ対応に費やす時間を削減できるため、他の重要な業務に集中することができます。これは、サービス提供者にとっても大きなメリットです。

このように、発券機の導入は、顧客満足度を高めるだけでなく、業務効率の向上にも寄与する効果的な手段です。待ち時間の見える化が、顧客とサービス提供者の双方にとって大きな利便性をもたらすことは間違いありません。

待ち時間の見える化による心理的効果

待ち時間がどれくらいあるのかを知ることは、心理的に大きな効果をもたらします。具体的には、待ち時間を見える化することで、以下のような心理的効果が期待できます。まず、安心感の向上です。待ち時間が明確にわかることで、顧客は安心して待つことができます。読めない待ち時間は、不安やイライラを引き起こしますが、見える化された情報は顧客に安心感を与えます。

次に、ストレスの軽減です。待ち時間が読めない場合、ストレスが増大しますが、見える化することでストレスが軽減されます。待ち時間を知ることで、顧客は心理的に余裕を持つことができ、リラックスして待つことができます。

さらに、時間の有効活用が可能になります。待ち時間を有効に活用することができ、待つ時間が無駄になりません。顧客は待ち時間を他の活動に充てることができるため、待ち時間をポジティブに捉えることができます。

これらの効果によって、顧客の満足度が向上し、サービスの質も向上することが期待できます。また、顧客が待ち時間を快適に過ごせるようになることで、リピーターの増加や口コミによる新規顧客の獲得にもつながります。

例えば、病院やクリニックでは、待ち時間が長くなることが多いため、待ち時間の見える化は特に有効です。患者は自分の診察があと何人くらいで回ってくるかを視覚的に確認できるため、待ち時間を有効に活用しやすくなります。また、待ち時間の不満が軽減されることで、患者のストレスも減少します。

このように、待ち時間の見える化は、顧客に対するサービスの質を向上させるための有力な手段です。発券機を活用することで、待ち時間の見える化が実現し、顧客満足度の向上とサービスの質の向上を図ることができます。

簡易自動発券機

 

具体的な導入事例とその効果

発券機を導入して待ち時間を見える化した具体的な事例をいくつか紹介します。

Y皮膚科様の事例

東京都目黒区のY皮膚科さまでは、弊社の発券機を導入し、待ち時間を見える化するシステムを採用しました。患者様はスマホで現在呼び出し中の番号を確認でき、待ち時間を有効活用できるようになりました。その結果、待合室の混雑が緩和され、ご高齢の患者様が座れないという問題が減少しました。

さらに、混雑に関する問い合わせが減り、スタッフの負担も軽減されました。患者様からは、「ネコの目を入れてもらって良かった!」という声が多く寄せられ、大好評です。

Y市M区役所の事例

Y市M区役所の戸籍課・保険年金課でも、弊社の発券機を導入し、窓口の混雑状況をリアルタイムで配信しています。これにより、来庁者は空いている時間帯を把握して来庁でき、待ち時間の短縮や待合スペースの混雑回避につながっています。

また、混雑状況をLINEやメールで通知するサービスも提供しており、区民の利便性が向上しています。これにより、待ち時間に関する不満が減少し、区役所の業務効率も向上しました。

待ち時間の見える化がもたらす未来

待ち時間の見える化は、顧客の心理的負担を軽減し、待ち時間を有効に活用するための有力な方法です。発券機を活用することで、待ち時間の見える化を実現し、顧客満足度の向上とサービスの質の向上を図ることができます。

今後も、発券機を活用した待ち時間の見える化が進むことで、さまざまな分野での導入が期待されます。

シンプルだから、
すぐにスタートできます!
無料体験デモも申し込み受付中!